SuperZero

中小企業経営革新支援法
   経営革新計画認定工場

装置の機能と構造

【二つの機能】

 レジオネラ殺菌装置「スーパーゼロ」は直接レジオネラ菌を殺菌する機能と、人間の垢や分泌物、脂肪、有機物等がバイオフィルム(ぬめり物質)となって 配管中に付着しレジオネラ菌の住み処となるのを阻止し、イオン化を促す二つの機能により構成されている。またこれらの機能は互いの働きを補助し合い、相乗効果が期待できる。

【レジオネラ殺菌】
●強力紫外線殺菌灯

 装置内の中心部に強力紫外線殺菌灯を垂直に固定し、波長253.7nmの紫外線を水に直接に照射させ水中の菌を死滅させる。

●光触媒

 紫外線殺菌灯を中心に、網状に加工(ラス)した酸化チタンを30~50mm間隔で立てて配置し、紫外線殺菌灯より放射される波長300~400nmの紫外線を受けさせることにより光触媒反応が起こる。 直接レジオネラ菌等の殺菌に寄与できなかった紫外線は酸化チタン金網の表面で起きる光触媒反応によって酸化力を高め、菌を死滅させる。

【バイオフィルム除去】
●光触媒

 酸化チタン金網が紫外線を受けると、光が酸化チタンに吸収され電子(e-)と正孔(h+)ができ、表面に吸着水として存在する。 水が正孔(h+)によって酸化されると酸化力の高いヒドロキシルラジカル(・OH)ができる。この・OHは酸化力が強く(酸素の2倍以上)、 有機化合物を炭酸ガスと水に分解する。レジオネラ菌もこの・OHの酸化力によって殺菌される。

●天然放射元素を含むセラミックボール

 本装置の特徴の一つはタンク内の光触媒チタンラスの下部に容器を設け、天然放射元素を含む希土類鉱物のセラミックボールをタンク吸入口に配置したことにある。 吸入口部から排出口に向かう流体の流れに乱流を与え、タンク内の流体を均一化する。また、このセラミックボールからの放射線は殆どが流体に吸収され、 水イオンや水酸化ラジカルを生じ、これが流体中に分布している例えば人体の垢のような微細な有機物を分解し、それに寄り集まっている菌類を流体中に放出するので菌類を確実に殺菌することができる。

●自発電極を有するセラミックボール

 本装置のもうひとつの特徴は、光触媒酸化チタンラス上部の排出口に容器を設け、トルマリン鉱物製のセラミックボールを内蔵したことにある。 トルマリン鉱物は自発電極を有する鉱物で、その微弱粒子は10evの電圧を持ち、表面には0.003mA(人体を流れる電流と同じ程度)の微弱電流が流れる。 この微弱電流を流体に与えると、紫外線の露光や光触媒との接触によって流体中に生成するイオンや電子も、これに加わってバイオフィルムの原因物質の段階でイオンに変化させ、バイオフィルムの生成を阻止することができる。

【構造】

 本装置は循環式浴場及び、貯水槽の配管と装置吸入口のパイプに異なる径のパイプを設置し、ポンプより排出される水の水圧を高めます。 またその水圧を利用し、タンク内で渦巻き・乱流を起こすことにより、湯水を満遍なく紫外線殺菌灯と光触媒酸化チタンラスに接触させることにより効果的な殺菌が可能な構造になっております。