SuperZero

中小企業経営革新支援法
   経営革新計画認定工場

日本全土を襲うレジオネラ属菌の問題

 日本人は古の時代より、老若男女を問わず温泉を好み、病気の治療のみならず、心と身体の「癒し」として温泉を利用してきました。 しかし、その温泉において、レジオネラ菌の汚染・感染問題が大きな社会問題になっています。 レジオネラ属菌の検査での検出、発症等の事例を見ても、北海道から沖縄まで日本全国に広がって発生しています。 旧厚生省は循環式浴場に平成12年12月15日「公衆浴場における衛生等管理要項について」を発表し、公衆浴場等の衛生管理の強化を図り、 レジオネラ菌の増殖を防ぐために種々の管理要項が示されました。しかしその後も、レジオネラ菌による事故が続発し、 平成14年には循環式浴場の「湯」の殺菌消毒が義務付けされております。

一般的に「湯」の殺菌消毒としては、

  1. 塩素による殺菌
  2. オゾンによる殺菌
  3. 紫外線による殺菌
  4. 光触媒による殺菌
  5. 過酸化水素による殺菌

等がありますが、いずれの殺菌消毒も十分とは言えません。現在は主に塩素系消毒が用いられており、 厚生労働省が規定する0.2~0.4ppmの濃度を保つ必要があります。

 流水中のレジオネラ菌は塩素によって殺菌は可能ですが、人間の垢や分泌物、脂肪、その他の有機物は配管中にバイオフィルム(ぬめり物質)を形成し、 その中でレジオネラ菌や他の細菌が塩素から逃れ増殖し、塩素濃度が下がったとたん湯中に出てくる恐れがあるからです。 しかし、塩素は汗に含まれるアンモニアや垢等の有機物と反応し消費されて行く為、入浴客数によって大きく左右され、その濃度を保つことは大変困難です。 また、一旦塩素濃度が下がるとあとから塩素を注入しても濃度の回復は困難です。その上、ph8.5以上のアルカリ性泉質の温泉においては、 塩素が泉質に反応し、殺菌効果の弱い物質に変化してしまい、消毒の効果を得るには相当量の注入が必要となります。 また、もうひとつの塩素系消毒の大きな問題点は塩素臭です。多量の塩素を注入したために、入浴客からの大きなクレームの対象になる場合もあります。

 そうした情勢の中、レジオネラ殺菌装置スーパーゼロ(Super Zero)は、西村新一工学博士の指導を受け、レジオネラ菌の直接殺菌と、 配管中に付着するバイオフィルム(ぬめり物質)の除去を目的に開発されました。

 装置には直接レジオネラ菌を殺菌する強力紫外線、光触媒、天然放射性元素を含むセラミックボールと 微弱電流を放出する特殊に配合されたセラミックボールが内蔵されており、この紫外線、光触媒、二種類のセラミックボールの相乗効果によって、 レジオネラ菌の殺菌と配管中に付着するバイオフィルム(ぬめり物質)を除去します。またセラミックボールが紫外線の露光と光触媒との接触によって 流体中に生成するイオンや電子も加わって“ぬめり”の原因物質の段階でイオンに変化させバイオフィルム(ぬめり物質)の生成を阻止することができるというものです。

 レジオネラ殺菌装置スーパーゼロ(Super Zero)は以上のように、塩素系消毒に変わる殺菌方法として注目され、高い評価を得ております。 本装置は循環式浴場のレジオネラ殺菌装置として販売しておりますが、プールや集合住宅の貯水槽など、水中の殺菌を要する各方面にも展開を計画しております。